絵葉書と古写真
戦前絵葉書の年代推定方法
戦前の絵葉書は発行年等の発行に関わるデータが印字されていることは稀で、災害や記念絵葉書を除くとほとんどありません。その為、絵葉書に写っている人物の装いや風景などから推測する方法や、宛名面の仕様から大体の発行年代を推定するのが基本になります。

もっとも基本的な宛名面の仕様から発行年代を推定する方法です。
葉書上部の「郵便はがき」表示と、通信欄の仕切り線表示に時代の違いがありますので、以下の通り大まかな四区分の発行年代を推定することができます。

1)明治33年~明治39年
  明治33年、私製葉書の発行が認められる。
  ・「きかは便郵」
  ・仕切り線は無し。(宛名面には住所氏名以外の記載ができませんでした)

2)明治40年~大正6年
  明治40年、宛名面の下部3分の1に通信文の記載が認められる。
  ・「きかは便郵」
  ・仕切り線は3分の1。

3)大正7年~昭和7年
  大正7年、宛名面の通信文記載が下部2分の1に拡大される。
  ・「きかは便郵」
  ・仕切り線は2分の1。

4)昭和8年~昭和20年
  昭和8年、上部の「きかは便郵」表示が「きがは便郵」に変更される。
  ・「きがは便郵」
  ・仕切り線は2分の1。
※戦後、左から書くようになったのに伴い「郵便はがき」表示に変更されました。

最終更新日:2015年5月20日
Copyright (C) 絵葉書と古写真 / 平安工房. All rights reserved.
東京都公安委員会許可 第302150405510号